FC2ブログ
2011/03/31

CRT栃木放送収録のやり方

来月の5 月に当店提供
「ポーンショップからこんにちは!」
は300回を迎えます。
この番組、1 回は6~7分間程の番組ですが、今日はどのように収録をするのか舞台裏をお話しします。

収録は1ヶ月分をまとめて前月の第三週辺りに行ないます。その1 週間前迄に僕の方でテーマを決定し、シナリオを策定、紙1 枚にまとめてCRT栃木放送アナウンサーの松井様へお届けます。
収録当日はぶっつけ本番で4~5回分をまとめて収録します。
収録に際しては、放送禁止用語や差別用語が無いかなどをチェックしながら慎重に行ないます。
一番難しいのは、テーマ選びです。300回にもなると職域関連ですと重複もしますし、内容も陳腐化しがち。そうならないように日頃から面白い話題はないか?と注意し、これはという情報はメモしてとっておきます。
質屋のシステムに関する内容、商品に関わる内容、そして時事歴史に関わる内容…などに区分されるかと思いますが、今年から「コーヒーブレイク」と称し、僕個人的内容や前職の自衛隊のお話しなど脱線したテーマを加えて行きます。
各回おおよそ4区分のQ and Aになってまして、松井さんの質問誘導に僕がお答え説明していくやり方で話しが進みます。
松井さんは流石アナウンサーだけあって声の通りも良く、上手く合わせて下さり本当に助かってますが、時折質問が変更されたり、突然心してない質問をされる場合(来年の抱負は?など)などは、面食らう場合もあります。

こんな話しを取り上げて欲しい…というようなことが有れば、お寄せ頂ければ幸いです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント